クチコミ情報|当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

【無料の企業PR広告】
Information
クチコミ情報

昨今、活字離れや不況による購買意欲の低下から、本の販売部数はCDと同様に落ちてきているという。出版業界は不況だという。紙媒体からデジタル媒体に変遷するという時代の流れもある。書店に行けば、目立つところに色々な出版社から出ている雑誌が沢山ならんでいる。雑誌も色々、色々な出版社から、色々なジャンルの雑誌が出ている。大きな書店では、釣り雑誌、ペット雑誌、教育雑誌、インテリア雑誌、アイドル雑誌、ウェディング雑誌、手芸雑誌、バイク雑誌、車雑誌、ヨガ、空手、格闘技、天体雑誌、数学などの学問の雑誌、色々な雑誌を見ることができる。中にはどうやって毎月発行を続けるのかななんて大きなお世話ながら心配してしまうようなマニアックな雑誌もある。多くの種類を出版しているのは、ファッション雑誌。いつも書店には立ち読みの客がファッション雑誌のコーナー前にいる。時々書店に行って、そのファッション雑誌のコーナーの前に立ってみると、ああ、流行りってこうやって作られるのねと思う。特にたくさんの雑誌が一人のモデルやアーティストを表紙に出している時。世間の目がそのモデルを頻繁に目にすることで、心理的によく見る→人気があるという風に変化するのではないかなと推測する。ある意味、無理やり流行を作ってしまう。私はその意図が見えたら見ない、けどね。